川の冷たさは春の訪れ(単話)